2017年3月12日 (日)

北千住の「喫茶室サンローゼ」。

もうすぐ閉店してしまう北千住の「サンローゼ」へ。駅前のパチンコ店の上にある、とても広々とした喫茶室です。大人数の客でもスラスラと奥へ案内されていきます。レジ横のケースにはなぜかアマンドのマフィンが。かすかにオルゴールのBGMが流れていました。
20177
20178_2
20179



2017年2月19日 (日)

京都「ソワレ」のグラス。

大阪に住んでいた昔、京都の喫茶店「ソワレ」で買ったグラス。しまいこんだまま使わずにいるのはもったいないので封をときました。スタッキングできるこの型は、よくあるグラスですが、なんと東郷青児の絵が入っているのです。包装紙は水色。いつも同じグラスを使っている我が家に新風が吹き込みました。

20174
20175_2


2016年11月 7日 (月)

プラネタリウムの後に「パフェテラスMilky way」

池袋でプラネタリウムを観た後は、ここに行こうと決めていました。80年代にオープンしたこのお店の存在に気づいていたものの、入ったことはなく…。わあ、メルヘンチックでかわいい!ポットが星型!お砂糖も星型!この感じ、私が青春を過ごした80年代当時は気恥ずかしかったけれど、今はうっとりです。201623
201624


2015年5月16日 (土)

国立「白十字」でときめいたもの。

本当に久しぶりに国立の「白十字」へ。この看板、文字の表情が好きです。そして、チーズケーキとミルクティーを注文した伝票が、あまりにもかわいくて…まるで童話の挿絵のよう。土曜日の午後、マダム達のかまびすしいおしゃべりの中で。

201514

201515_2

| コメント (0)

2015年5月 9日 (土)

西国分寺の「クルミドコーヒー」+無意識の写真。

西国分寺の「クルミドコーヒー」を訪ねたのは初めてです。ガラス張りで外の景色を眺めながらの喫茶が、私は大好き。イチゴのクルミドケーキは、自然な色のクリームやソース。胸がポワンとするおいしさでした。水出しコーヒーとともに。その後、ピントの合わない風景写真が偶然撮れました。きれいなので気に入っています。201511
201512

| コメント (0)

2014年9月21日 (日)

東中野「ルーブル」でモカトルテ。

「ルーブル」へ入ったのは20年ぶりくらいかもしれない。奥の喫茶スペースは、こんなに広かったのかと思う。モカトルテのベージュ色とキャラメリゼされた胡桃が秋の気分。メニューに目を移す。野菜をカタカナで「ヤサイ」と表記するところがおもしろい。「ハムとタマゴとアスパラとヤサイ」が一番好きだ。

201427
201428

| コメント (4)

2014年6月 2日 (月)

六本木「アマンド」でパルミエとミルクティー。

改装後の「アマンド」へ初めて行きました。ケーキの気分ではなかったので、パルミエというパイ菓子とミルクティーを注文。あ〜このALMONDのロゴが変わらなくてよかった!アマンド色とでもいうべき濃いピンクがいいですね。

201417
201418

| コメント (0)

2013年11月17日 (日)

りんごりんごりんごりんご…

スーパーのバックヤードだったか忘れたけれど、外に青森りんごの箱が山積み。どうやら、私は同じものがきちんと並んだ姿に弱いみたい。薄いブルーの段ボールに浮かぶ真っ赤なりんごがきれい。働いている方の邪魔にならぬようそっと撮影して去る。201387

| コメント (0)

2013年9月 7日 (土)

吉祥寺「ボア」を思い出す。

2007年に閉店してしまった喫茶店「ボア」。少し前に吉祥寺の南口を通る機会があり、なんとなく足を向けた。閉じた店舗は、まだそのまま残っていた。かつてそこにはケーキが並び、赤いビロードのソファがあり、壁には東郷青児作の大きな絵が飾ってあった。全く別の建物に変わっているよりも、なんだか寂しいです。

201367_2
201368_3
201369_3




| コメント (0)

2013年6月 2日 (日)

田無の「フジカフェ」。

武蔵関に住んでいた頃は、知らなかったお店。灯台下暗しです。SINCE1974という表記に胸が熱くなるのは、今懐かしく聴いているルネ・シマールの「ミドリ色の屋根」がヒットしていた年でもあるから。サイフォンのイラストが「フジ」という二文字でできているのが素敵!ウエートレスさんの赤いエプロンも、同じデザインでかわいかったです。

201346
201347_2

| コメント (0)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

スーパーマーケット | デパート | | 喫茶 | 散歩 |